もうFaceTimeオーディオとGoogle Voiceで全世界が通話無料になればいいのに

iOS7の地味に追加されたプラチナな機能、それが「FaceTimeオーディオ」です。FaceTimeはテレビ電話のアプリですが、iOS7から電話だけをすることもできるようになりました。iOS7では3番目くらいに喜ばしい機能です。

FaceTime-icon

通話の仕方は、連絡先アプリから通話したい相手を選んで「FaceTimeの“電話アイコン”を押す」だけ。もうほとんど電話ですw

FaceTime-audio

便利すぎでしょw

iPhoneやiPad同士なら無料通話ができてしまいます。

次のFaceTimeでは相手がiPhoneかがわかる

このFaceTimeオーディオで唯一の欠点は、相手がiPhone(FaceTimeを受けられる)かどうかが確認できないということ。連絡先アプリには、FaceTimeをできる人だけでなく、すべての人にFaceTimeの欄があります。なので、実際には通話をできない相手もいます。

今後のアップデートではまずそれが解消され、そして、ステータス表示も確認できるようになるでしょう。SMSがiMessageに取ってかわったように、色だけで相手がiPhoneかどうかが分かる仕組みになると思います。

無料通話は全世界に広がる。Appleの狙いは?

FaceTimeオーディオは事実上、携帯キャリアの電話サービスを飲み込む津波のようなサービスになるでしょう。だからこそ大々的なPRはしなかったのかも。まだ浸透していない機能ですが、家族、友達からその輪はどんどんと広がり、世界中にバラまかれたiPhoneとiPadで無料通話が使われていきます。

さて、Appleの狙いとは何でしょうか?

AppleがAndroid向けのFaceTimeアプリを作れば、ほぼ世界中のスマートフォンと無料通話ができます。あるいは、AppleがFaceTimeの通話とプレゼンスの設計仕様を公開して、Androidサードパーティに作らせ、AndroidとFaceTimeができるようにするとか?確かにiPhoneとAndroid間での無料通話が実現する方法はあります。

でもまずやらないでしょう。

無料通話が実現すれば、大打撃をくらうのは携帯キャリアです。携帯キャリアを敵に回すようなことをすれば、キャリアの収益がガタ落ちになります。キャリアが通信料を稼いでるおかげで、Appleはキャリアから大きな収益をあげられているのだから、その芽は摘まないでしょう。

それにAppleには「ハードウェアとソフトウェアを安定的に動作させる」という使命感を持ってプロダクトを作ってます。品質が維持できるか分からないOSとサードパーティアプリに、高潔なAppleの素晴らしいアプリを結びつけることはまずありません。

無料通話の解禁はGoogle Voiceのほうが早そう?

Google関係者からは「ハングアウトがSMSに対応予定」と2013年5月のリリース時に言っています。SMSとテレビ電話、そしてGoogle Voiceの機能も統合されていくなら、Googleアカウント同士で無料通話ができてしまいます。

ハングアウトのiPhoneアプリとAndroidで通話する、さっきの逆パターンです。

ただ、Appleはこの機能をiPhoneアプリとして承認しないでしょう。なぜなら、通話もSMSもテレビ電話もすべてハングアウトでできるなら、FaceTimeじゃなくてもよくなってしまいます。そうしてるうちに、人々の生活からFaceTimeのことが忘れられてしまうようなことは、Appleが許すとは到底思えません。

全世界無料通話を達成するのはAppleかGoogleか

かつて携帯キャリアがそうであったように、Apple、Google、ついでにSkype (Microsoft) は、自社内で無料通話を提供しても、相互統一的に無料通話を提供することはないでしょう。それぞれ個々にシェアを広げて、お得感を出す競争になっていきます。

そうなると、陣取り合戦はシェアを広げた者の勝ちだから、AppleとMicrosoftが手を組むとか?

ないない。

Googleがハングアウトという非標準なサービスを辞めて、オープンな仕様を公表しサードパーティに作らせるとか?

ないない。

MicrosoftがGoogleアプリを承認する可能性はあるけど。しかしながら、すでにその2社にはMicrosoftなど眼中にはありません。

もう一つの刺客はFacebookとTwitter

携帯OSにインクルードされてなくても通話は可能です。LINEはすでにアプリ同士で無料通話をしてるし、Skypeに至ってはSkype Outで固定電話とも通話ができます。Fusionや050plusも同じです。

これまで同じアプリ同士でやっていたことを、少しだけ横に広げて、Apple – Facebook – Twitterで電話すればいいんです。

OnSay for Twitterなるサービスがすでに存在します。これはTwitterアカウントを使って、相互フォローしている相手と無料通話ができるアプリです。

電話番号の代わりにApple IDとTwitterアカウント、Facebookアカウントを連携させ、共通の通話機能をソフトにアドオンすれば実現します。彼らの技術力があれば、実装だけならあっという間ではないでしょうか。

数億台のiPhoneと、数億人のアカウントを持つFacebook、Twitterが組めば、全世界とはいかないものの、10億人単位の利用サービスが生まれます。これは通話だけでなく、SMS、位置情報サービスも応用可能です。

AppleがiOSにTwitterとFacebookを組み込んだ理由も、ここにあるのではないかと思ってます。

ちょっとテクニカルな言い方になりますが、共通認証基盤として認められているTwitterとFacebook、それがあらゆるサービスでユーザ本人を特定し、ユーザ同士を結びつけ、「アプリ連携」という名のもとに共通サービスを提供していく。その相手はAppleかGoogleか。恐らく認証基盤で張り合う相手(GoogleやYahoo)とは組まない。すなわちAppleということです。

携帯を使ったマネーの交換も、こうしたグループ形成の中で作られていくのではと思ってます。それについてはまた別の機会に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です