iPhoneの「Passbook」ロック画面からスライドして簡単にチケット表示できるのが素敵

今回の沖縄出張では、iPhoneのPassbook機能をフルに使ってきました。ANAとJAL、Expediaと楽天トラベル、いずれもPassbookに追加して、アラームと予約番号が表示できるのは思っていた以上に便利。

そして帰りの便で見つけたのがこの機能。ロック画面にPassbookのアラームが表示されるのだけど、これ、スライドできるんですね。

iphone-passbook_1

通常なら下にある「ロック解除」をスライドするところを、真ん中にあるJALのアイコンをスライドできる。

iphone-passbook_2

それで直接チケットを表示できるということ。受付とか読み取り機の前であたふたしなくて済むという配慮だろうけど、さすがアップル。気がきいてるね。

iphone-passbook_3

Webで見てみたら、リリースする前のディベロッパー向けガイドにも書いてあって、アップルのWWDCでリリース時にも実演してるし。最初の設計から入ってる機能なんですね。

日本ではリリースされてないけど、スタバやアップルストア用のチケットはバーコードが入っていて、それで支払いができてしまうから、iPhone自体を放置しておくのはこれまで以上に気をつけなければならなくなりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です