iPhoneでTime Capsuleにある動画を見る方法 〜Mac経由でなら可能〜

Time Capsuleに録りためた動画は、いつもiPhoneやiPadでストリーミング視聴してます。

前提条件はMac

Time Capsuleから直接ムービーを見るのは不可能で、Macが必要です。Time Capsuleを使っている人はMacも持っていると思いますが、Macは起動している必要があります。これについては後ほど。

iPhoneのビデオアプリで再生できる

ビデオアプリを開けばアートワークがこんな感じに広がり、タップするだけで全画面でストリーミングできます。

iphone-video_2

アートワークはムービーごとに手動で設定しました。設定方法は別のページにまとめてますのでこちらをどうぞ。

iTunesでビデオのアートワークを追加する手順
iPadやApple TVで見る機会も増えてきたので、iTunesにあるムービーを格好よくしたいと思います。DVDの表紙をアートワークと言いますが、これをムービー一覧に設定する手順

手順

手順を簡単に並べます。

iTunesライブラリをTime Capsuleに置く

まずはiTunesライブラリをTime Capsuleに置くところからです。もう置いてある人は読み飛ばしてください。

  1. MacでiTunesライブラリを作成
  2. iTunesをフォルダごとTime Capsuleに移動
  3. MacでOptionキーを押しながらiTunesを起動
  4. Time CapsuleのiTunesフォルダにあるiTunes LibraryLibrary.itlitを選択

iPhoneで再生するには

ムービーを放り込むところは省略するとして、この段階でMac上でムービーは再生できるようになっています。これをiPhoneで再生するのは次の手順です。

  1. MacのiTunesでホームシェアリングをONにします(その後iTunesは起動したままにします
  2. iPhoneのほうもホームシェアリングをONにします(※設定アプリの「ビデオ」でApple IDを入力します)
  3. ビデオアプリを開きます
  4. 10秒ほど待ちます・・・。(Time Capsuleが起き上がってくるのを待つため)
  5. Macで開いているiTunesライブラリ名が出てくるのでタップします

これでTime Capsule上にあるムービーを視聴することができます。

コンテンツなしが表示される?

上記の 4. で待つ間は「コンテンツなし」という表示になります。ライブラリを選べたり、コンテンツなしになったり、行ったり来たりするかもしれません。10秒すればライブラリが選べるようになります。

iphone-video_1

10秒待ってもこの状態が続くときは、iPhoneやiPad、MacのホームシェアリングがONになっているか確認しましょう。

Apple TVからも視聴できる

Apple TVでも、これと同じことができます。ホームシェアリングをONにして、Mac経由でTime Capsuleのムービーを見ることができます。

apple-tv-itunes-movie2

Macは24時間稼働ってこと?

正解です。いつでもiPhoneから(Apple TVから)ムービーを見られるようにするには、Macは24時間起動しっぱなしということになります。

常にMacはシャットダウンせずに起動しっぱなしです。正確にはスリープしっぱなしです。

Macにログインしたままスリープ状態にしておいてもiTunesは見れます。ノートブックなら画面をたたんだ状態でも視聴はできます。

24時間はちょっと・・・という方、

「わざわざ寝るときにiPhoneをシャットダウンしませんよね?」

MacBookでもスリープが基本です。

デスクトップや宅内のパソコンは、シャットダウンするものという意識がなんとなく残ってますが、その考えは古いと思った方がいいです。2008年以降のMacはスリープさせるものという前提で作られてますから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です