iPhone 5を選ぶポイントを整理してみる

iPhone 5が発売されました。私もこの8月でSoftbank月月割が24ヶ月分満了するので買い替えようと思ってます。

ということで、ここ最近でiPhoneの話題がたくさん出てるので、どうやって買うか自分のために整理しようかと。いまの契約が2年縛りのないもので、契約の区切りも気にせずじっくり考えられます。

SoftBankかauか

これはau。MNP特典があるから。2GHzの基地局が多いSoftBankか、900MHzでカバーエリアの広いauか、というけど、日常利用ならそんなに違いはない。

体感的にかわるのがLTEだと言われていて、各種メディアがLTEの基地局数がどうのこうのと評するのも正直あてにしてない。2.1GHzのリーチの弱い回線を盲信してもWiMAX並みに期待を裏切られそうだし。

LTEよりもむしろプラチナバンドでのHSPA+とDC-HSDPAに帯域を割いてほしいね、是非。

ただしイーモバイルのリーチを考えると圧倒的にSoftBank優位になるんじゃないかとも思ったりする。過去の経験上、WiMAXとXiと比較してイーモバイルの安定したエリアと速度は驚異的と感じる。iPhone 5にも開放したら体感で違いがわかるレベルになるんじゃないかな。

テザリングについて

テザリングの対応時期が違うとかどうでもいい。日常的に業務でPCを使う人はすでにお気に入りのWi-Fiスポットを持ってるしね。テザリングはたまに使うレベルとかそういう風になるし、常用がマストという人はWi-Fiルータ持てばいい。

SIMフリーについて

いま持ってるのがカナダのFactory Unlocked iPhone 4Sなのだけど、次は国内版でもいいかなと。スペックだけみたら間違いなくVerizonが万能なのだけど、国内では実質的に使えない。

iPhone 5の持込み契約(=nano SIMのみ提供)は他社のiPhone 5ではできないみたいだし、「auで契約して、そのiPhoneを売却して、残ったnano-SIMをVerizonに乗せ替える」ってのも面倒だわマイナスが出るわでメリットが小さい。

持込みMNPか純粋なMNPか

ヤフオクで2万円くらい安くau版を買って(Verizonユーザの売却品)、MNPすれば一番お得なのでは?と思ったら、持込み品では女子割もLTE割も適用されない。だから2年通しての価格は結局普通にMNPしたほうが安いと分かった。

という感じでAppleと販売キャリアではうまいこと正規ルートで買わせる方策を取ってるから、何か特別な理由がない限りは正規ルートで買うのが無難でしょう。12月と3月のキャッシュバックを待つかどうか次第かな。

どのショップで買うか

買うものを一つに絞ったら、最後に決めるのは販売店。キャッシュバックが1万なのか2万なのかで随分変わる。

Twitterで見てみたら2万のお店も2, 3件あったけど、電話で聞いてみたところテルルもモバワンも「コンテンツ20で2万」とか、「コンテンツ10で1.5万」とかそんなのばかり。コンテンツ20=1.2万を差し引いたら1万にも満たない。集客のためなんだろうけど、これで騙されるヤツいるんかね。

それなら近くの駅前のテレワールドで1万でいいでしょ。近いし、在庫あるし、店員がイケメンだし。

おまけ – iPhone 5をお財布ケータイ化する

個人的な感想として。iPhone 5の最大の魅力はKeynoteで連呼されてた通り「薄さと軽さ」だと思う。軽くて手が疲れないからね。そしてその薄さが逆にネックだとも感じるのは、フォルム的に持ちにくいこと。今でも3GSが最も愛されてるのはそういう理由でしょう。

なので薄くなったiPhone 5に3GSのフォルムに近いケースを着用して、そこにFeliCaのカードが収容できれば最高なのではと思った。

iPhone 5が3GSライクなおサイフケータイに。このケースは買い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です