惜しい!iPhone 5cを買って分かった2つのこと

iPhone 5からiPhone 5cに買い替えて1週間。5cがなぜ売れないかと言うと、世間の見方ではこんな感じではないでしょうか。

「価格がiPhone 5sと変わらないから」

「5sのほうが上位機種らしいから」

「指紋認証?」

「月200円しか変わらないから5sがお得、とショップの人が言ってたから」

どれも当たってるんだけど、でも実際に持ってみるともう2つの要素があるのかなと。もちろん、これは買ってみないとわからないことだから、「売れない」理由ではなく「惜しい」こととしてタイトルを付けました。

iPhone 5cにして感じること。それは「ケースが要らない」ということ

裸族なら間違いなく買いだけど、日本人には向かないかもなあ、と感じました。日本人のケースを付ける割合はかなり高いようで、その理由は物を大事にするとか、ケースで個性を出すとか、そんなところでしょうか。

このiPhone 5cで新たに設計されたデザインは完成度はかなり高い。

iPhone 5よりも1mmほど厚いはずなのに、手に持つと薄く感じるのがマジックのよう。エッジの丸みをつけるだけでこんなにグリップ感が変わるんだと感じる。手の中へのおさまりと操作のしやすさは、3GS以来サイズアップした5シリーズでは完成の域に近いと思わせる。

とはいえ、価格的にケースをつけないというのはどうか。iPodのような価格ならまた違ったのだろう。

iPhone 5cが惜しいと思う2つ目は「手にした質感」

デザインは言うことなし。形状は持ちやすさが最高。なのだが質感がいま一つ。もう少しマットな感じ、さらさらとした感じならば言うことがなかった。

どうせ5c専用カバーを売るなら、最初からシリコンにするとかさ。個人的にこれならよかったと思うのは、棒高跳びで使われるグラスファイバー。しなやかで頑丈でグリップ感があって。

iPhone 4で両面ガラス、5で背面アルミニウムという、携帯電話としては斬新な道を歩んだiPhoneだけに、今回の素材は何も真新しくない。3GSに逆戻りしてるとも言える。

iPod nanoのときの傷つきやすさは克服していると思うけど、逆戻りまでするほどポリカーボネートに思い入れがあったのだろうか。触っているうちに愛着が沸くかとも思ったのだが、やっぱり質感が残念だなあと、もっとiPhoneだけの特別な感じがほしいなと、そう思うのです。

次のiPhone 6では、5インチか?と言われてますが、スマホでは経験したことのない素材で私たちを驚かせてほしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です