WiFiでオンライン対戦 “ストリートファイターIV Volt”

遂に来ました。スト4がiPhoneでオンライン対戦できる日が。

SFIVvolt

以下今作から導入された新機能と、個人的なコメントです。

キャラの追加

登場キャラクターは前作の14名に加え M・バイソン、バルログ、コーディーの3名が新たに参戦。これで四天王が揃うことに。オンライン対戦を100回やると“豪鬼”も使えるようになるとか。

バイソンは突撃型でEホンダくらいの強さになりそうなのに、WiFiで使ってる人はあまり見かけない。バルログとコーディは不要でしょ。特にコーディは。

豪鬼はすでに使っている人もいて、目押しコンボもきれいに決められたので、使えるようになったら少し楽しみです。

オンライン対戦

前作ではbluetooth対戦でのアドホック対戦だけでしたが、今回WiFi環境でのオンライン対戦が可能になりました。これでいつでもどこでもスタバからでも対戦ができます。

GameCenterで友達登録していれば、指定の友達と“フレンドマッチ”もできるみたい。ストⅡ世代が1ヶ所に集まるのが難しいことへの配慮ですかね。長く使われるにはボイスチャット機能は必要だとは思いますけど。

実際にオンライン対戦が満足いくかというと、“楽しめる”というくらいです。ラグが少なくとも出るので、アーケードやCPU対戦と比べると酷いです。でも対人でのプレイはやっぱり緊張感があって楽しい。

レイテンシは意外と少ない

フレーム(60分の1秒)が勝負の命運を分けるスト4なので、ストレスはやっぱりあります。少しのズレならそれを計算しながらプレイできるけど、カクカクしちゃってるときはキャンセルが繋がらないとか、ガードがきかないとかはザラ。素人にも負けるし、納得がいかないときもある。負けたら切断する人が多いみたいだけど、気持ちはわかるがそうまでしなくてもっていう感じです。

そんなこんなでベータ版として楽しむのはいいかもですね。よく踏み切ったなというのが正直な感想で、ファンの期待に応えたからか、ファンからもラグに関するクレームが少ないのが意外でした。

おそらくカプコンではレイテンシ対策をしてると思うので、あとはISPに繋いでる側の問題ですもんね。これをきっかけに、ISPの末端までのネットワークでレイテンシやQoSが重視される時代が来るかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です